メンズ

メニューブックを作るときはここに気をつけよう

デザインに拘る

袋

お客さまが商品を持ち帰るときに使うのが手提げ袋です。中でも多く使われているのが紙袋でしょう。洋服店や雑貨店、ジュエリーショップなど様々な場面で各会社のオリジナル紙袋が使われています。ブランドや百貨店のオリジナル紙袋は買取やオークションで取り扱われることもあるのです。オリジナル紙袋は注文すれば誰でも作ることができます。インターネットで検索をすると多くの印刷会社がオリジナル紙袋の注文を請け負っています。その中から、自分の想像するオリジナル紙袋を作ってくれる印刷会社を探しましょう。まず、注文する前にデザインをしっかりと考えます。紙袋の材質、大きさや形、持ち手部分の素材などしっかりイメージしましょう。もし、そういったイメージがなかなか沸かない場合は各サイトにあるサンプルの画像を見て気に入った物を探しましょう。イメージが固まったら見積もりをします。受付や見積もりの申し込みフォームに希望するサイズや紙の材質、色などを記入していきます。製造枚数も忘れないようにしましょう。それら全てを入力し見積もりしたら価格を確認してください。予算がオーバーしていたら無理をしないようにしましょう。また見積もりを複数の会社にお願いしておくといいでしょう。なぜなら価格やどれくらいの期間で届くのかを比較して印刷会社を選ぶことができるからです。オリジナル紙袋を注文するときにプラスでオプションを使う人もいるでしょう。印刷会社によってオプションの内容も異なりますが、紙袋に光沢をつけることができたり、ニスを塗ることで紙袋の強度をあげたり、箔押しといった加工をすることもできるようです。